☆★DANCE AGAIN!★☆
「踊る大捜査線」やお笑いなど、様々幅広く書いています。マイブームは「相棒」&水谷豊さん。
プロフィール

もりぞー

Author:もりぞー
名古屋在住の大学生。「踊る大捜査線」とお笑いが大好きです。よろしくお願いします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
スジナシ with 寺島進
2006/09/19 15:43 [Tue]
category:未分類
9月17日深夜に放送された「スジナシ」。「踊る」ファンには木島丈一郎役でおなじみの寺島進さんがゲスト。
この番組は、ゲストと笑福亭鶴瓶さんが事前に顔を合わさずに即興ドラマを演じます。
即興ドラマは、台本も打ち合わせもなくディレクターの"OK"まで続けなければなりません。
その直後には、完成したドラマのVTRを見ながら、細部について検証し、反省・絶賛します。

「頭悪いからアドリブなんか使ってことないっすよ。」と言う寺島さん。
数種類ある衣装から選んだのはパジャマ。選んだ理由は「楽だからいいかなと思って」。(他の衣装はヤ○ザっぽいのばっかりだったらしいです。)
かなり緊張されている様子で、「一刻も早く始めたい」とか、「シャバに出してくれ」とか言っていました。
一方、鶴瓶さんはゲスト名が発表され、「殴られそうですねぇ。」と発言。…確かに(笑)。
鶴瓶さんは、お客さんに衣装とメガネを選んでもらい、作業着を着て、作業着に不釣り合いなメガネを着用(笑)。ちなみにメガネはすべて自前だそうです。
そして、鶴瓶さんに即興ドラマ中にやってほしいこと、キーワードなどをお客さんから聞き、その中から一番拍手の多かった1つを取り入れるのですが、「逆立ちをする」ことに。

今回の設定は「新しい家」。スタジオには、引渡し直後と思われる新しい家の一角が。リビングと和室のような畳の部屋。
さて、ここからどんなドラマが生まれたのでしょうか?

鶴瓶さんの着替えが終了し、寺島さんがスタジオ入り。鶴瓶さんと寺島さんは初対面だそうです。
即興ドラマのスタート状況は、CBCの美術部の女性が決めることに。寺島さんは板付き(部屋の中にいる)、鶴瓶さんはフレームイン(外からやってくる)することに決定。

スタート直前、寺島さんは小道具の中から緑茶の2リットルペットボトルと使い捨てのプラスチックのコップを持ってセットに入り、和室に寝転がりました。
いよいよ本番スタート!(ちなみに、スタート直後のBGMは、「UDON」のサントラの「方向音痴の女神」でした!)

まず、鶴瓶さんが、脚立を持って登場。ちなみに、脚立は持道具ではなく、スタジオの備品だったそうな。
プレビュートークで「新築でパジャマはまぁいいでしょう。寝てるのは、そっからどう発展して行くかゆうのは、ものすごいハードル高いことですよ。」という鶴瓶さんに対し、「ハードル自体がわかんないもん。」という寺島さん。

第一声は、寺島さんの「臭くないですか?」。
この後で、バルサンを焚いていたという設定で言ったということがわかるのですが、プレビュートークの際、鶴瓶さんは「俺が臭いみたいや!」と。

鶴瓶が、寺島さんを"木島"という役名に決め、「あの、木島さん。」としゃべりだしました。
これは、「交渉人 真下正義」の中で「木島」という役をやっていたので、そう言ったのかと思いましたが、鶴瓶さんは「~島」という名前を思い浮かべて、この名前にしたそうです。でも、「踊る」ファンとしてはなんか嬉しかったですけどね。
しかし、その直後、自分で決めたにもかかわらず間違って「寺島さん」と言ってしまう鶴瓶さん(笑)。「別に田中とか簡単な名前でよかったんや!」と反省。
ちなみに、寺島さんは鶴瓶さんの役名を"鶴岡"としていました。

最初は二人は知り合いのような感じで話をしていましたが、話が食い違っていき、設計士の鶴岡さんと、家主の木島さんは初対面で、FAXだけでやり取りをしていたそうです。
"欠陥"だと言い出す寺島さん。「トラックが通ると揺れるしさ」と壁を叩きますが、セットですから(笑)。「畳も四畳半もないし」と言い出しますが、これもセットですから(笑)。でも、鶴瓶さんは「今流行の"四畳ちょっと"っていうやつ」と切り替えしていました。
「逆立ちしても大丈夫ですよ。」とここで課題の逆立ちをクリア。逆立ちができないという鶴瓶さんは、首をグネったそうです(笑)。課題が出ていることを知らない寺島さんは、プレビュートークで「何かのまじないかなと思った」と語っていました。

ここで寺島さんは、小道具としておいてあったダンボール類を開けていきます。中に入ってたアルバムを取り出し、「引越し屋が間違えたんだ!」と言う。
鶴瓶さんが「本当にあんたの家か?家間違うてるやろ。隣と間違えてるんやないか?」といい、家を出て行く寺島さん。
戻ってきて「(隣の家の)鍵開いた!家、2つ作ったの。こっちが本家で、向こうは女の家。いろいろ言えない事情があるじゃないの。」と寺島さんがすべてのつじつまをあわせ、「OK」が出ました。
鶴瓶さんは、終了後、「この人、頭おかしいで!普通、ダンボールなんて開けへん。普通はおがくずかなんかでっせ!」といい、「もっと寡黙な人やと思てたのに。」と驚いていました。

初対面の2人が作り出したストーリー。面白かったです。
鶴瓶さんは、こういう即興ものの番組が多いですね。
そこから生まれる奇跡の笑いのようなものが面白いんですけどね。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
木島さん
長文の番組レポ、ありがとうございます。
感激しました。
場面を想像しながら読ませていただきました。
木島さん!偶然でも嬉しいですね。
殴られそうですねぇ・逆立ちでグネッ・この人、頭おかしいで!
ウケました(笑)
ゲストが寺島さんだと知ったときのお客さんの反応、やっぱり「おお~」という感じでしたか。
【2006/09/20 09:39】
URL | park-lee #- [ 編集 ]


文章を書くのが上手ではないので、ちゃんと伝わっているかどうか…。

寺島さんと発表されたときは「おぉ~」という声とともに、拍手が起きていましたよ。
【2006/09/21 02:12】
URL | ともっぺ #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tomowps.blog34.fc2.com/tb.php/225-57b9739c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。